So-net無料ブログ作成

インシテミル ネタバレ 結末

スポンサーリンク




2/1(金)の日本テレビ系列 金曜ロードSHOW!(21:00~22:54)で
「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」が放送されます。

主演の藤原竜也さんほか、綾瀬はるかさん、石原さとみさん、武田真治さん、
ベテランでは片平なぎささん、北大路欣也さんなどが出演してます。


時給11万2000円の高額バイト。

科学的実験のモニターになり、7日24時間監視付きで隔離生活するというもの。

集ったのは年齢も性別もバラバラな10人(原作では12人)の男女。

ルールを告げられ、7日間の閉鎖生活が始まる・・・

ルール1、モニターは鍵のかからない10の個室(各部屋には異なる10の凶器アリ)で生活する。

ルール2、夜の10時から朝の6時までは個室に居ること。
部屋の外はガードロボが巡回しており、3回の警告の後排除(銃殺)される。

ルール3、何か事件が起こったら、探偵役を決めて犯人をつきとめる。犯人か否かは多数決。

ルール4、犯人は投獄。探偵役、犯人、被害者は、ボーナスとしてバイト代が2倍。


10人のうち1人がスタッフというか、この殺人ゲームの模様を
有料ネット配信して稼いでいる”機構”の職員で仕掛人。

さらに別の1人は、参加者が疑心暗鬼になるように、最初に死ぬ役の”仕込み”。

参加者は、徐々に正常な判断力をなくし殺人ゲームが開始される・・・


「インシテミル」は、こんなお話なのですが、いかんせん映画の評判はイマイチです。

アニメ化され好評だった「氷菓」の原作者でもある米澤穂信さんの原作は、
かなり面白いミステリーです。

しかし映画は原作の良いところがほとんどなくなっているというのがもっぱらの評判。

確かに、個室は完全防音のはずなのに『外の音が聞こえた』り、
凶器に添えられたメモは意味不明の謎のままだったりと演出が???

主人公も、お金目当てであからさまに怪しいバイトに参加したはずなのに
妙に正義感があったりと、登場人物の動機や行動がチグハグだったりします。

映画と原作本どちらが先が良いかは微妙ですが、映画では閉鎖環境の不気味さはありますので、
雰囲気を味わい、原作と映画の違いを楽しむ、というのが良いかもしれません。



スポンサーリンク



「ライフ・オブ・パイ」 ネタバレ 結末

スポンサーリンク




映画「ライフ・オブ・パイ」が2013年1月25日(金)から公開されました。

<「ライフ・オブ・パイ」 PV>


トラと少年が太平洋漂流の果てに友情(?)のようなものを築いて生き残る・・・
そんな志村動物園のようなほのぼの話ではありません。

結末のある意味大ドンデン返しやストーリー全体の解釈を巡って、
既にいくつかのサイト、ブログが立ち上がっています。

サバイバル・ストーリーと銘打たれていますが、サバイバルの方向が違ってた?みたいな。


(以下ネタバレあり)
動物園の動物の移送中だったということで、少年を乗せて漂流を始めた救命ボートには、
当初、シマウマ、オラウータン、ハイエナそしてトラが乗っていました。

元々傷を負っていたシマウマは死に、ハイエナが少年を襲おうとしていたのを警告した
オランウータンもハイエナに襲われます。

ところがトラがハイエナを殺し、結局3匹とも食べてしまった、と。

そこから美しかったり幻想的だったりする風景の中で、
トラと少年の駆け引き、牽制、共存のサバイバルが始まるわけです。

ところが後半、人食い島とかでてきて、だんだん話が怪しくなります。

映像的には、トラと少年はメキシコに流れ着き、
トラは少年を一顧だにせず去っていきます。

しかし、保険調査員がその話を信じなかったため、
少年は作り話をすることにします。

救命ボートに乗ったのは4人。
足を怪我した船員は、料理人に殺され喰われた。
少年の母親も料理人に殺された。
料理人は少年が殺した、と。

どちらが作り話?

シマウマが怪我をした船員、オラウータンが少年の母親、ハイエナが料理人、
そしてトラとは少年自身のことだったのか・・・?

「シックス・センス」以来の、結末を見た後で、全体を再解釈、考え直させられた映画でした。



スポンサーリンク



琴浦さん 3話 ネタバレ

スポンサーリンク




2013年冬期放送開始のアニメ新番組で、
人気第1位は「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」でしたが、
意外(と言っては失礼ですが・・・)な健闘を見せているのが「琴浦さん」。

人の心が読めてしまう女子高校生のお話、というアレです。

関東エリアだと、TOKYO MXテレビ 毎週月曜 23:00~23:30放送中。


一応分類すると“ラブコメ”になるハズなのですが、
第1話は衝撃の鬱展開で始まりました。

無自覚に隠された他人の心を暴いてしまい嫌われる、
挙句の果てに両親離婚・・・


第2話は、その後のお話の舞台になるESP研究会に入部(拉致られた?)し、
部長の御舟 百合子(みふね ゆりこ)、副部長の室戸 大智(むろと だいち)が登場。

この2人、主人公カップル以上にいい味出してます。

前半は結構ほのぼのしていましたが、後半は彼氏候補 真鍋くんをめっぐって
しばらく敵対関係が続く森谷 ヒヨリ(もりたに ヒヨリ)との確執、イジメ発生が表面化しました。


で、原作が4コマ漫画なので、1話完結型で話が進むのかと思ったら、
第3話は次回に続く・・・

オヒオヒここで終わりかよ~~、とマジでTV画面にツッコミ入れてしまいました。

2話と同じく、前半ほのぼのでしたが、後半で真鍋に振り向いてもらえない森谷さんが
実家(武術道場)の道場生を使って真鍋を襲い、やり過ぎて真鍋入院。

真鍋に迷惑がかかると考えた琴浦さんは、真鍋と距離を置くことに・・・

オチがない~、しかも続きが気になる~~

お話にメリハリがあってホントに面白いです。



スポンサーリンク



スターウォーズ エピソード7 キャスト 監督

スポンサーリンク




2012年の10月にウォルトディズニー社がルーカスフィルムを40億5000万ドル(約3200億円)で買収し、
「スター・ウォーズ」シリーズの最新作を2015年に公開すると発表していました。

TVドラマシリーズ「LOST」や「スター・トレック」新シリーズ劇場版を製作した
J・J・エイブラムス監督が、「スター・ウォーズ エピソード7」の監督になるそうです。

スティーヴン・スピルバーグ(まさかね)から始まって、
ギレルモ・デル・トロ、ジョン・ファヴロー、クエンティン・タランティーノ、ベン・アフレックなど
大物監督たちの名前が挙がっていましたがJ・J・エイブラムス監督が選ばれました。

まぁ順当というか、なるほどと言っていい人選ではないでしょうか。


問題はキャスティング。

新シリーズ3部作は、当初というか遠い昔のジョージ・ルーカスの構想では、
デューンシリーズのように世代交代し、ルークの子供たちの世代が主人公でした。

大方の予想は、エピソード6の20~30年後とのことです。

が、オリジナルのメインキャストの出演がありうるとか・・・!

ハン・ソロ役のハリソン・フォード、
ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、
レイア姫役のキャリー・フィッシャー

しかも3人とも出演に乗り気であるとのこと。

一体何歳やねん?

ちなみに、ハリソンは70歳、マークは61歳、キャリーは56歳。

さすがに出演するとしても脇に回ると思われますが、
懐かしいというか、なくはないキャスティングということで期待できそうです。

まぁ、オリジナルキャストの出演がなかったとしても、R2-D2とC-3POの出演は確定だそうです。



スポンサーリンク



アムネシア アニメ ルート

スポンサーリンク




2013年冬期アニメ『AMNESIA』(アムネシア)がなかなか面白いです。

関東だとTOKYO MXテレビ系列で毎週火曜 24:30 - 25:00放送中。

女性向け恋愛アドベンチャーゲームが原作なので、
イケメンてんこ盛り(てか、イケメンしかいない)。

これはホントに女性向けアニメ・・・と思っていたら、
ミステリー仕立てになっていて、なかなかGood。

<PV>


主人公(名塚佳織 なんと名前がありません!?)は、
8月1日以前の記憶をすべて失ってしまっている。

自分は何者で、どのような人生を送ってきたのか?

その時、突然主人公に話しかけたのはオリオンと名乗る少年。
異世界から来た精霊だそうな。

主人公の記憶喪失の原因は、オリオンの精神が主人公とぶつかり
主人公の中に取り込まれ、代わりに主人公の何かを吹き飛ばしてしまったためだって。

主人公はオリオンのアドバイスを受けながら自らの記憶を求めて動き出す。

彼女の周りには全く記憶のない、“幼馴染”、“先輩”、“恋人”、”友人”が・・・

時折浮かび上がる断片的でかみ合わない記憶。

対立する存在、突然訪れる”死”

彼女は失った記憶を取り戻せるのか・・・?


ゲームだとルート分岐があって、マルチエンディングなわけですが、
複数のルート分岐を組み合わせてお話を進めている感じです。

主人公が気を失ったりすると、違うルートというか異世界、並行世界に意識が飛ぶようで
状況や人間関係が突然変わったりします。

ぼーっと見ているとお話が全く分からなくなってしまいますので、一生懸命見てください(笑)。




スポンサーリンク



泣くな、はらちゃん 視聴率

スポンサーリンク




2013年1月19日から、日本テレビ系列の土曜ドラマ(21:00 - 21:54)で
「泣くな、はらちゃん」が始まりました。

「悪夢ちゃん」の後番組で、TOKIO 長瀬智也さん主演のドラマオリジナル作品です。

第1回の視聴率は12.9%、初回としては少々低めの数字ですね。



はらちゃん(長瀬智也)は、マンガの主人公、つまり架空の人物。

マンガを描いたのは、昔は漫画家だったものの、今はかまぼこ工場で働く、
真面目で気弱で地味でイジメラレ体質の越前さん(麻生久美子)。

はらちゃんが主人公のマンガは、気弱な越前さんのストレス発散の場であり、
はらちゃんが代弁させられている越前さんの心の叫びは、
『人と争う気はないし、邪魔もしないので、私を独りで放っておいてください』というもの。

はらちゃんのマンガの世界の登場人物達は、自分たちに個性がなく、
居酒屋の中だけという狭い世界と暗い話にうんざり。

ところがある日、ひょんなことからはらちゃんは現実世界に飛び出し、
作者でありはらちゃんにとって”神”である越前さんと会うことに・・・

マンガの世界が暗く荒んでいくのを危惧していたはらちゃんは、
マンガの世界を明るくするために、越前さんを幸せにしようとする。



架空というか、お話の中のキャラが現実世界に現れるというパターンのお話は
結構ありますが、今回面白いのは、はらちゃんのマンガの世界がホントに狭くて、
登場人物にも一般常識が無いという設定。

ギターの弦が最初は3本だったりします。

越前さんが幸せになって、委縮した越前さんの世界が広がって、
マンガの世界も明るく広がって行く、という流れかと思いますが、
まだどうなるか予測がつきません、オリジナルストーリーですし。

空想キャラの実体化という設定は、ストーリーが破たんしやすいですから、
そうならないことを祈りつつというヘンなドキドキ感がありますが、
とりあえずは先が気になるドラマです。

ゼヒ1度見てみてください。



スポンサーリンク



リア充 とは? 「僕は友達が少ない」

スポンサーリンク




リア充とは、、ゲームやネットなどの仮想世界の中ではなく、
3次元 のリアル(現実)な生活が充実している人のこと。

出典(?)は2ちゃんねるです。

調査によると、リア充と聞いて意味が分かった人は、ほぼ4人に1人だそうな。

意外と認知されていませんね~。

この認知度だと、使うところを間違えると通じませんね。

大体が自虐的に使用する用語なので、ネットの中だけで使用するのが
正しい用法ではないでしょうか。


まぁ、確かに、リア充という言葉を聞いたのは、アニメ「僕は友達が少ない」ぐらいかも。

まさにリアルで友人がいない、リア充でない残念な人たちのお話ですから。

ちなみに「僕は友達が少ない」は、第2期「僕は友達が少ないNEXT」が
2013年1月から、関東地区だとTBS系列で木曜深夜 1:55から放送されてます。

ライトノベルなラブコメ、ハーレム展開になっていて、
主人公の小鷹君は実はリア充なんじゃないかと思われますが・・・

結構笑えるオススメのアニメです、ゼヒ1度見てみてください。



スポンサーリンク



俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる ネタバレ 第1位

スポンサーリンク




2013年冬期のアニメ新番組も出揃いましたが、
前評判の高かった「ちはやふる 第2期」や「まおゆう 魔王勇者」を抑えて
スタートダッシュでは「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」が人気第1位でした。

「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」(略称は「俺修羅」)は、
ソフトバンククリエイティブGA文庫連載中のライトノベル原作アニメ。

<予告PV>


(以下ネタバレ有り、注意)

主人公の季堂鋭太(きどうえいた)は、両親が浮気で離婚したこともあり、恋愛嫌い、
国立大医学部を目指して学年トップを維持する勉強一筋の男。

隣家に住む春咲千和(はるさきちわ)は幼馴染だが、恋愛対象ではないと思っている。

ところがある日、帰国子女で校内一美女 夏川真涼から突然の告白が・・・

実は、モテまくりで男からのアプローチに疲れた真涼の真意は
恋愛に興味のない者同士での偽装カップルだった。

初めは断るものの、間違って処分した中二病時代の日記を真涼に握られた鋭太は
真涼に逆らえず、偽装カップルということを誰にも話せないことになってしまう。

偽装であることを知らない千和は真涼をライバル視するも、
真涼は、「自らを演出する乙女の会」(自演乙の会)を結成し、
千和をモテる女にしようとする。(ホントはからかっているだけ?)

さらにこれから、鋭太を前世の元カレと称する秋篠姫香(あきしのひめか)、
幼稚園時代の”こんいんとどけ”を今も持つ風紀委員の冬海 愛衣(ふゆうみあい)も登場し、
これぞラノベの王道ともいうべきラブコメ ハーレム展開(?)でお話が進みます。

とりあえず夏川真涼役の田村ゆかりさんが、まさにハマリ役というか
楽しそうに演じていらっしゃいます。



スポンサーリンク



攻殻機動隊 冲方丁

スポンサーリンク




「攻殻機動隊」シリーズの第4弾アニメ「攻殻機動隊ARISE」が製作されることになりました。

「攻殻機動隊」は、士郎正宗原作の人気コミック。


科学技術が飛躍的に発達し高度情報化社会となった未来。

マイクロマシン技術により、脳からを直接ネットに接続する電脳化技術が発達、
また、ロボット技術を発展させたサイボーグ技術も実用化され、
電脳化された人間、すなわちサイボーグが普及した。

また、元々人間ではないロボットもアンドロイド、バイオロイドとして
より高度な独立行動が可能となった。

そんな電脳存在が混在する社会で、
新しい形をとるようになった犯罪、テロ、暗殺、汚職などに対応する秘密組織、
内務省直属の攻性公安警察組織”公安9課”(攻殻機動隊)。

ウ~ン、設定やお話しは「機動警察パトレイバー」に似てるんですが
雰囲気がもちっとハードボイルドで”乾いた”感じになってます。


なんといっても今回の目玉は、作家の冲方丁(うぶかたとう)さんが構成と脚本を担当すること。

電脳化、サイボーグなど、サイバーSFな背景は
言うまでもなく「マルドゥック・スクランブル」の冲方さんの得意分野。

小説だけでなく、「蒼穹のファフナー」で脚本家としても高評価だった冲方さん。

最近は、「天地明察」の映画化などSFやサイバーではなく固い世界へ行ってしまうのか?
と思われたところだけに、今回の「攻殻機動隊」参加はうれしいニュースでした。



スポンサーリンク



アニメ 琴浦さん 1話

スポンサーリンク




2013年冬期の新番組としてはほぼ最後を飾って
アニメ「琴浦さん」第1話が14日、関東エリアで放送されました。

TOKYO MXテレビ 23:00~23:30

<PV>


コメディ作品であり絵柄も軽いタッチではあるものの、
最初の設定とプロローグは激重、欝展開です。


主人公の琴浦春香は、人の心が読める超能力を持っています。

春香には周囲の人の心の声がごく普通に聞こえてしまうため、
それが他人の心の声なのか、普通にしゃべっているのか区別が付きません。

心に秘めた秘密、自分でも気付いていない思い、ふと思ったこと・・・
それをズバリと指摘され、暴露されて平静でいられる人はいません。

小学生ぐらいから、同級生に避けられ、忌み嫌われるようになり、
教師からは虚言癖と言われ、精神科医にも治療はできません。

”他人と違っている自分の子”をなんとか治そうとする母親、
家庭を顧みなくなる父親、そんな中、幼い春香は何の気なしに両親の心を読み、
両親がそれぞれ浮気をしていることを暴露してしまい家庭は崩壊することに・・・

『こんな娘を産まなければよかった』、ついに最後のセリフを残し去っていく母親。

イヤイヤ、欝展開ですねぇ。


祖父だけは春香を守ろうとするものの、転校を繰り返し、1人暮らしをする春香。

ところがついに現れた、心を読まれることを厭わないエロの貴公子 真鍋義久。

真鍋の出現で「琴浦さん」はラブコメに・・・!?

余韻のあるコメディ、「琴浦さん」はちょっと不思議なお話です。



スポンサーリンク



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。