So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 2012年09月 |2012年10月 ブログトップ

中二病でも恋がしたい! 放送 声優

スポンサーリンク




「中二病でも恋がしたい!」がいよいよ10月3日(24:30~)からTokyoMX TV系で放送されます。




「中二病でも恋がしたい!」は製作が京都アニメーションさん(原作の発掘、
出版もだから当たり前か・・・)ですから
アニメ放送にあたってもとりあえずは心配ないと思います。

主役声優も福山さんだし。


●中二病でも恋がしたい! 声優陣
富樫勇太:福山 潤
小鳥遊六花:内田真礼
丹生谷森夏:赤﨑千夏
一色誠:保志総一朗
九十九 七瀬:井上喜久子
富樫樟葉:福原香織
富樫夢葉:設楽麻美
五月七日くみん:浅倉杏美
凸守早苗:上坂すみれ


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

聖おにいさん 映画化 公開日

スポンサーリンク




聖おにいさん(正確には『聖おにいさん』)が映画化。
あ、アニメ映画化ね。

原作は『荒川アンダーブリッジ』の中村光さん。

現代シュール・ギャグの第一人者ですな。

制作によると聖おにいさんの公開日は今世紀中の予定(オヒオヒ)。


聖おにいさんの主役はブッダとイエス。

世紀末を無事に迎えた2人が立川(ナゼに?)のアパートでルームシェアを始めるというナンセンス設定。
何をしに東京に来たかといえば、休暇を楽しむためだって。

このシュール・ギャグ系マンガ『聖おにいさん』、なんと日本文化紹介のためというお題目で
大英博物館で展示されたことがあります!!


で、気になる映画化について、監督は今回初監督の高雄統子さん。

映画化どころか映像化不可能(技術的問題ではなく、宗教というビミョーなテーマのため)
と言われていた『聖おにいさん』の映画化が初監督作品って、チャレンジャーだね♪


原作マンガの次巻8巻は12月3日発売。
特別版特典としてオリジナルアニメDVDが付くとのこと。

その頃にはホントの公開日もわかるかな。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

映画 スピード キアヌ サンドラ

スポンサーリンク




2012年9月28日(金)放送の金曜ロードSHOW!は映画 「スピード」。
スピードの主演は、キアヌ・リーブスとサンドラブロック

<映画予告編>



止まると爆発する爆弾が仕掛けられたバス。

たまたま乗り合わせた運の悪い女性客サンドラ・ブルック。

仕方なく無理やりバスを走らせ続けるが・・・

なんとかバスを止めようとするロス市警SWATのキアヌ・リーブス。

設定はイマイチせこい割に、非常にスピード感のある良作アクション映画です。

スピード2の船よりスピード感があって、1の方が評判も良いです。
私も全面的にそう思います。

キアヌ・リーブスの決めセリフ『What do you do?』がちょっとカッコいいかも。


ところで、主演はキアヌ・リーブスとサンドラ・ブロックと書きましたが、
スピード2の主演はサンドラ・ブロックで、キアヌ・リーブスは出てもいません。

ダイ・ハードや沈黙シリーズとまではいかないものの、オープニングを見ても
決めセリフがあるのも、明らかにスピード1の主役はジャック役のキアヌ・リーブスです。

スピード2でキアヌ・リーブスが出ないとなった時には様々な憶測を呼びました。

1、キアヌ・リーブスがゲイであることが発覚し、アクション・ヒーロー役としては降板となった。
2、バンド活動の方を優先した。
3、映画 チェーン・リアクション出演の方を優先した、などなど。

どれだ、と確定はされていませんが、1が真相のような気がします。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

アニメ 黒子のバスケ 第2期

スポンサーリンク




アニメ 黒子バスケ(第1期)が最終回を迎えました。

地上波放映は、TOKYO MX系 2012年9月25日(火) 23:00 - 23:30

最終回は黒子のバスケ(主役はあくまで黒子テツヤ!・・・のハズ)というより
黄瀬涼太と青峰大輝のバスケで、ここで終わりというのはいかにも続編第2期に続く
という感じです。

まぁ話自体はよかったけど。

スラムダンク、DearBoys、ハーレムビートなどいろんなタイプの
バスケットボール作品がありましたが、黒子テツヤ、
ついにこういうタイプの主役が来たか!?という感じでした。

話は面白いものの、ここまで人気が出るとは思っていませんでした、特に女子系に。


(第1期)なんて書くと第2期があるかのようですが、残念ながら公式発表はまだです。

さすがに制作のプロダクションI.Gや黒子のバスケ制作委員会からのリーク情報はありませんが、
アニメ業界関係者によると、第2期制作はほぼ内定とのこと。

そりゃまぁ、アニメの人気も出て、黒子のバスケ制作委員会に入っている集英社も
売上を伸ばして、まだロクに出てない残りのキセキの世代の声優も決まっていて
続編を作らないわけがない、ということなのでしょう。

ちなみに紫原敦(むらさきばら あつし)は鈴村健一さん、
赤司征十郎(あかし せいじゅうろう)は神谷浩史さんです。


それにしてもキセキの世代の元キャプテンが赤司征十郎の”赤”って・・・戦隊もの?

そういえばなにげに女性キャラのピンク(桃井さつき)も出てましたね。


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

i's アイズ 桂正和

スポンサーリンク




「i's(アイズ)」の原作者、桂正和さんが9月22日から公開された
『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』のキャラクター原案ってご存知でした?

桂正和さんといえば、「i's (アイズ)」の他にも「電影少女」、「M(エム)」といった恋愛モノと
「ウィングマン」、「ZETMAN]といったコスプレ・ヒーローものが有名です。

今回のTIGER & BUNNYのキャラクター原案は、コスプレ・ヒーローものの方の実力(?)
を買われた抜擢ということでしょうか。

なぜ同じ作者がこんな作風の違う作品が書けるのか本当に不思議なのですが、
桂正和さんの書く少女キャラは本当にカワイイということで当時は大人気でした。

「i's (アイズ)」の伊織、「電影少女」のあいとかもえみとか。

フツーの高校生(「i's (アイズ)」の主人公一貴(いちたか)は逆走君なのでフツーじゃないかな?)と
グラビアアイドルになるほどカワイイ同級生(伊織)の恋愛話で、高校生男子のハートわしづかみでした。


また、TIGER & BUNNYは、2011年春期~夏期にかけて
TokyoMX TVなどで放映され人気を博しました。

劇中劇というか、超人的な力を持つヒーロー達もスポンサーがつかなきゃ活動できないという設定で、
それぞれのスポンサーロゴを背負ってヒーローTVという番組に出演し悪者をやっつけるというお話。

ちなみに、主人公ワイルドタイガー(Wild Tiger)のスポンサーはSoftbankさんとか。

他にもバンダイ、ペプシ、牛角、ライブドアなど実際の企業が作品中でスポンサーになっていて、
たぶん本当にスポンサードしてるんでしょうねぇ・・・これはこれでスゴイアニメだ。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

機動戦士ガンダムAGE 49話 最終回

スポンサーリンク




機動戦士ガンダムAGEが、 49話で最終回を迎えます。
放送は、9月30日 午後5時~5時半(TBS系列)

最終回、49話の見どころは、ラグラミス侵攻作戦の終盤、フリット、アセム、キオと
戦場に3世代そろってしまった状況でどう決着をつけるかのか・・・

それにしてもアセム編からの敵役ゼハート・ガレットが最終回前にアッサリ戦死したのは驚き!
オリジナル・ガンダムの時のシャアでさえ最終回まで生き残って続編にも度々出てきたのに。


機動戦士ガンダムAGEは、対象年齢が低く設定されているとの前評判がありながら、
小学生など低年齢層に浸透せず、SeedやDestinyなど前作に比べ
視聴率的には苦戦を強いられる作品となりました。

「フリット編」「アセム編」「キオ編」(40話以降は「キオ編」ではなく「三世代編」とも言う)と
親・子・孫と3世代を主人公として大河ドラマ以上に時の流れを感じさせる構成でしたが
これも賛否両論ありました。

まぁ、その構成はテコ入れがラクなんじゃないか?、というのが辛辣だったかな。


ところでフリットにもアセムにもキオにも幼馴染の女の子エミリー、ロマリー、ウェンディ)がいて
将来結婚しちゃう(キオ除く?)んだけど、髪の色以外にヒロインの区別がつかなかった・・・

初代フリットはブルー/グリーン系のトンデモない髪の色ですが、
その子供が母親の髪の色を受け継ぐという設定はチョット笑います。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

映画 ターミネーター4 地上波 初登場

スポンサーリンク




映画 ターミネーター4が地上波に初登場。

2012年9月22日(土) 21時00分~23時10分、フジテレビ系列土曜プレミアムにて放映されます。
地上波初登場なので放送時間も延長。



映画ターミネーター4は、人類の敵となったコンピューターネットワーク スカイネットによって
引き起こされた核攻撃後の世界が舞台で、映像の迫力は圧巻!

物語はスカイネット・機械軍の攻撃で人類は滅亡寸前というところから始まります。

レジスタンスの部隊長 ジョン・コナー、謎の男マーカス・ライトが主人公。

あ、ジョン・コナーの父となるカイル・リースも出てきます。
1作目で過去の世界に送られるアノ人ですから、父となると言われても
1作目からのストーリーを判ってないとワケ判りませんよね。

大まかに復習しておきましょう。
ターミネーター  : カイル・リースがスカイネット稼動阻止のため未来から送り込まれ
            シュワちゃんターミネーターと戦う。
            実はカイルは反乱軍リーダー、ジョン・コナーの父となるべく送られた。

ターミネーター2 : 子供のジョン・コナーを殺すために送り込まれた新型ターミネーターと
            味方として調整されたシュワちゃんターミネーターの戦い。
            スカイネット稼動阻止に成功。

ターミネーター3 : 1作目で予言された核戦争は起こらなかったが、また敵味方に分かれた
            ターミネーターが未来から送り込まれる。結局核戦争は起きてしまう。

このターミネーター4、制作費2億ドルですが、残念ながら前作興行収入を超えられなかった映画でした。



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

氷菓 最終回 キャスト

スポンサーリンク




氷菓が最終回でした。 

それにしてもスゴいキャスト陣だった、ワキが。

永井一郎さんとか千葉繁さんとか。


ああいうベテランさんを揃えたキャスト陣を見ると、ちょっと方向が違うけど
「平成狸合戦ぽんぽこ」を思い出す。

柳家小さん、清川虹子、泉谷しげる、三木のり平、桂米朝、桂文枝、芦屋雁之助
・・・どんなアニメだ?


氷菓の最終回としては、推理アニメだったのが萌えアニメになってしまったか?
と思いかねない方向性だったものの、そこは軽く推理も入れていろんな意味でキレイに終わりましたね。

まぁ、萌えといっても、同時期に「カンピオーネ!」「はぐれ勇者の鬼畜美学」「織田信奈の野望」
「だから僕は、Hができない」「この中に1人、妹がいる!」など強力な萌えアニメが揃ってるので、
それに比べればソフトなもんです。

22話 「遠まわりする雛」、文字通りヒロイン(える)が生き雛(この辺が萌え?)になって
(主人公(奉太郎)はカサ持ち(笑))、雛人形行列がナゼか予定路を遠回りすることになる、
というお話。

相変わらず、ホントに日常的なことを題材にしてます、最終回なのに。


第2期というか続編作ってほしいですが・・・、原作だと4巻まで放送した感じで、
現在最新巻は5巻なので、来るとしてもしばらく先になりそうです。

<商品リンク>



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アクセル・ワールド 24話 最終回

スポンサーリンク




アクセル・ワールドが9月21日放送の24話でついに最終回(TokyoMX TV 24:30~)。

アクセル・ワールドは、ソードアート・オンラインより1クール早く始まってるから仕方なんですけどね。



で、気になる24話、最終回ですが能美・ダスクテイカー編で終了。

まぁ、川原作品にしてはこの能美・ダスクテイカー編は欝展開なので、最終回はスカッとさせて~、
ということでこの24話では23話終了間際で登場したブラックロータスさんと
欝展開の立役者だったライム・ベルさんら女性陣がスカッとさせてくれます。

って、オヒオヒ、アクセル・ワールド主人公のシルバー・クロウはどこ行った?
最終回が能美・ダスクテイカー編だから仕方ないか・・・

で、24話の見所は、ライム・ベル(チユリ)はナゼ能美に味方していたか?でしょう。
欝展開を吹き飛ばすナルホド~な展開なのでゼヒご期待ください。

1つだけヒントを書いておくと、チユリもバーストリンカーとして、なんらかのトラウマがあって
シトロン・コールという必殺技を持つわけですが、それがヒール技なのか?ということ。

あ、そこ!、24話を見る前にウィキィペとか検索しちゃダメですよ。



この24話、最終回は原作だと4巻なわけですが、ちょっと待て。

前フリはあった災禍の鎧編をクローズしなくてどーすんだ~~~

今のところ続編というか第二期の制作発表はまだないのですが、
原作もまだまだ連載中ですし、せめて災禍の鎧編まではアニメ化して欲しいものです。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

- |2012年09月 |2012年10月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。