So-net無料ブログ作成
検索選択

西島秀俊 筋肉 不遇時代

スポンサーリンク




「八重の桜」で綾瀬はるかさんが演じる主人公 山本八重の兄、覚馬役の
西島秀俊さんの人気が急上昇。

1月20日放送の『蹴散らして前へ』で、剣術試合のシーンがあり、
遠山の金さんばりに着物をはだけた際に見せた、鍛えられた筋肉が評判となりました。

一見スリムに見える西島秀俊さんですが、
トレーニングを欠かさないことや、シルベスタ・スタローン並みに、
役柄によってウェイトコントロールをすることは以前から有名でした。

2010年公開の映画「サヨナライツカ」では、老後のシーンを撮るためだけに13キロ増やし、
その1カ月後には15キロ減量したそうです。


生き方というか人柄もストイック。

1993年に「あすなろ白書」で同性愛に走ってしまう松岡純一郎を演じて評判となりました。

トレンディ俳優としてブレイクしましたが、硬派の映画俳優志望だったため、
当時所属していた渡辺プロダクションを、5年間ドラマ出演しないことを条件に退社しました。

なので、1997年から2002年までの5年間、テレビドラマ出演ゼロなのです。

その後、芸術性の高い独立系映画に出演し、演技力を磨きましたが、
人気は低迷してしまいました。

筋肉、肉体美はともかく、“実力派俳優 西島秀俊”の今後に期待です。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。