So-net無料ブログ作成
検索選択

「ライフ・オブ・パイ」 ネタバレ 結末

スポンサーリンク




映画ライフ・オブ・パイ」が2013年1月25日(金)から公開されました。

<「ライフ・オブ・パイ」 PV>


トラと少年が太平洋漂流の果てに友情(?)のようなものを築いて生き残る・・・
そんな志村動物園のようなほのぼの話ではありません。

結末のある意味大ドンデン返しやストーリー全体の解釈を巡って、
既にいくつかのサイト、ブログが立ち上がっています。

サバイバル・ストーリーと銘打たれていますが、サバイバルの方向が違ってた?みたいな。


(以下ネタバレあり)
動物園の動物の移送中だったということで、少年を乗せて漂流を始めた救命ボートには、
当初、シマウマ、オラウータン、ハイエナそしてトラが乗っていました。

元々傷を負っていたシマウマは死に、ハイエナが少年を襲おうとしていたのを警告した
オランウータンもハイエナに襲われます。

ところがトラがハイエナを殺し、結局3匹とも食べてしまった、と。

そこから美しかったり幻想的だったりする風景の中で、
トラと少年の駆け引き、牽制、共存のサバイバルが始まるわけです。

ところが後半、人食い島とかでてきて、だんだん話が怪しくなります。

映像的には、トラと少年はメキシコに流れ着き、
トラは少年を一顧だにせず去っていきます。

しかし、保険調査員がその話を信じなかったため、
少年は作り話をすることにします。

救命ボートに乗ったのは4人。
足を怪我した船員は、料理人に殺され喰われた。
少年の母親も料理人に殺された。
料理人は少年が殺した、と。

どちらが作り話?

シマウマが怪我をした船員、オラウータンが少年の母親、ハイエナが料理人、
そしてトラとは少年自身のことだったのか・・・?

シックス・センス」以来の、結末を見た後で、全体を再解釈、考え直させられた映画でした。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。